1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 生きたまま踊り食い?「いさざ」

生きたまま踊り食い?「いさざ」

いさざは、別名しろうおと呼ばれる5〜6㎝の淡水魚です。
見た目も名前も「しらうお」と似てますが、
しろうおはハゼ科、しらうおはシラウオ科の別の魚です。

いさぎの最も有名な食べ方といえば「踊り食い」。
新鮮ないさざを生きたまま頂きます。

いきの良いいさざは器に移してからも元気が良く、飛び跳ねて器から飛び出してしまうこともございます。
口に入れてからもピチピチと動き回り、これまで食べたことのないような不思議な食感です。
ここでのポイントは、あまり噛まないこと。
そのまま飲み込んで、生きたままのいさざの喉越しをお楽しみ下さい。
味は上品でほのかな苦味が絶妙で、淡白ながらも旨味を感じることができます。

ぜひ、今の時期にしか食べれない「いさぎ」
踊り食いで召し上がってみませんか?