1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 【2018年は南南東】福を担ぐ恵方巻き

【2018年は南南東】福を担ぐ恵方巻き

2018/1/25

ブログ

2月3日、節分

 

節分といえば「鬼は外、福は内」と言いながら豆を撒き、

年の数だけ豆を食べて厄除けをする風習です。
もともと「節分」は季節の区切りとされ、春を迎え新しい1年の始まりに厄除けをします。

近年では「豆まき」をよりも「恵方巻き」を食べる人が増えてきたのではないのでしょうか?

 

その、恵方巻きについてご紹介したいと思います。

  • 恵方巻きのご利益
  • 縁を担ぐ恵方巻きの食べ方
  • より一層のご利益を、波除神社

恵方巻きのご利益

恵方巻きとは、福徳を司る神の歳徳神(としとくじん)の方向を向いて太巻きを食べる行事で、

“福や縁を巻き込む“巻き寿司を一本丸ごと食べる事で

幸福や商売繁盛の運を一気にいただくという意味で縁起が良いとされています。

 

また、七福神にちなんで七つの具材を巻くのが一般的です。

 

縁を担ぐ恵方巻きの食べ方

1)恵方を向く
今年の恵方は「南南東やや右」です。
方向がよく分からない方は、スマートフォンのコンパスのアプリケーションを使うのがオススメです。
「南南東やや右」は158度なので、その方向を向きましょう。

 

2)一本まるごと食べる
“福や縁を巻き込む“巻き寿司は、縁を切らないように丸ごと食べましょう。

 

3)願い事をしながら喋らずに食べきる
食べる時の注意点が「喋らないこと」
喋ると運が逃げてしまうので、食べ終わるまで喋らず、願い事をしながら食べましょう。

より一層のご利益を、波除神社

つきぢ神楽寿司本店・新館近くの「波除神社」

 

この神社は「災難を除き、波を乗り切る」 波除稲荷様として、

災難除・厄除・商売繁盛・工事安全等の御神徳に崇敬が厚い神社と言われています。

 

恵方巻きでゲン担ぎをするとともに、波除神社でもお参りをして、

より一層のご利益と厄除けをしてはいかがでしょうか。

 

 

【恵方巻き予約のご案内】

つきぢ神楽寿司では、2月3日限定で恵方巻きの販売を致します。

2018年2月3日(土)、つきぢ神楽寿司新館で代金引き換えでのお渡しとなります。

 

ご予約価格:1本1,000円

 

ご予約はお電話にて承っております。

03-6226-6788

 

※ 新館のみの販売となります。

※ 恵方巻きはお持ち帰りでのご提供となります。


また、ご予約なしの当日の店頭販売は数量限定で1本1080円となります。

数に限りがございますのでお早めにお越しください!


詳しくはこちら→http://tukijikagura.jp/archives/4919