1. ホーム
  2. 店舗のご案内
  3. つきぢ神楽寿司両国江戸NOREN立ち食い店
  4. 新着情報

冬の珍味、「真鱈の白子ポン酢」

2017/11/7

冬の風物詩とも言える珍味「白子」

 

雪のように白く、ぷりぷりとした見た目が特徴です。
当店では、白子を定番の「白子ポン酢」としてご用意しております。

白子ポン酢

 

口に入れると、解けるように形が崩れてとろとろと溶けていきます。
甘みのある濃厚な味わいが口いっぱいに広がり、

さっぱりとしたポン酢と合わさります。

 

当店では、新鮮な真鱈の白子を店内で丁寧に仕込んでいますので

臭みもなく食べやすい一品になっております。

 

ぜひ、当店よりすぐりの日本酒と一緒にお召し上がりください。

 

冬にしかお目にかかれない絶品の「白子ポン酢」
この機会にご賞味ください。

2017年10月30日の閉店時間変更のお知らせ

2017/10/30

本日、2017年10月30日
社員研修のため閉店時間を下記の通り変更いたします。



 

本店 11:00~14:00
屋台店 7:00~14:00
新館 10:00~16:00


 

なお、両国江戸NOREN本店、両国江戸NOREN立ち食い店は
両国江戸 NORENの設備点検のためお休みいたします。


 

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

つきぢ神楽寿司

今の時期だけ!旬の生いくら

2017/10/16

限られた期間にしか食べれない、「生いくら」の時期になりました!

 

 

通常、鮭の産卵シーズンである秋から冬にかけて1年分のいくらを作って保存しておきます。

産卵シーズンである今の時期だけ、旬の生いくらを召し上がって頂けます。

 

つきぢ神楽寿司では、生筋子(いくらの粒が卵巣に入って状態のもの)から丁寧に仕込んでおります。

通常のいくらと比べて皮の厚みがなく、

口のなかでぷちっと軽く弾ける最高の状態で提供しております。

 

通常、軍艦で提供しているいくらですが、

「生いくら」は本来の濃厚な旨味を堪能していただくために、小鉢でお出ししています。

ぷちっと弾ける生いくらの食感と、口に溢れ出す濃厚なうまみをお楽しみ下さい。

 

ぜひ、今の時期だけの「生いくら」をご賞味ください!

カワハギの旬が到来!絶品のこってり肝!

2017/10/13

秋から冬にかけて旬の「カワハギ」が美味しくなっております。

   

 

本来、産卵期は夏でその時期が旬とされていますが、

9月〜12月の今の時期に脂が乗り、肝が大きくなってくるので第二の旬と言われます。  

 

カワハギといえば、肝のその濃厚な味から「海のフォアグラ」と呼ばれます。

乳白色でとろりとした旨味の濃い肝は、口に入れた瞬間に舌の上でとろけます。  

 

カワハギは握りにすると、

白身魚特有のさっぱりと淡白な身とこってりと濃厚な肝が口の中で混ざり合い、絶品です。  

 

もちろん、刺身でもご用意しております。

弾力があり歯ごたえの良い身を薄造りにしております。肝醤油でお召し上がりください。  

 

今の時期にしかない旬の味覚、ぜひご賞味ください。

両国店 2017年10月11月の定休日のお知らせ

2017/10/12

いつもつきぢ神楽寿司両国店をご利用いただき、ありがとうございます。

 

両国江戸NOREN本店、立ち食い店共に
2017年10月、11月は毎週月曜日をお休みさせていただきます。

 

※築地の本店、新館、屋台店、すしまるは通常通り営業いたします。

 

よろしくお願いいたします。

寿司のお持ち帰りができるようになりました!

2017/10/10

つきぢ神楽寿司で寿司のお持ち帰りができるようになりました。

 

お持ち帰りをご希望の際は、店頭で直接言っていただくか、事前にお電話でご予約ください。

お電話頂きますと、スムーズにお渡しすることができます。

※写真はイメージです。

 

つきぢ神楽寿司の味を、是非ご家庭でもお楽しみ下さい。

 

※すしまるではお持ち帰りはご利用できません。

新メニュー!海鮮丼、始めました

2017/9/28

 

新メニュー「海鮮丼」がつきぢ神楽寿司両国立ち食い店限定で、登場しました!

 

使われているご飯は江戸前寿司伝統の赤酢を使ったシャリ。

 

まぐろ、サーモン、赤海老などをはじめとした定番のお魚、

加えて季節の魚や板前お勧めの魚など、つきぢ神楽寿司こだわりのネタが多く乗せられています。

 

江戸前寿司の味を海鮮丼というボリュームいっぱいの一品で堪能できる

豪華なメニューとなっています。

 

是非、つきぢ神楽寿司の海鮮丼を賞味ください!

秋の王様、「さんま」

2017/9/27

 

秋の味覚「さんま」が美味しくなっています。

 

「秋刀魚」と当てる「さんま」はまさしく秋の風物詩、

9月から10月ごろが脂が乗って最も美味しく食べれる時期とされています。

 

「さんま」の身は青魚の中ではまぐろなどの赤身に近い味わいで、

同じ青魚で比べるとアジよりも脂が乗っており、

かつイワシよりもさっぱりとした非常に食べやすい魚です。

 

つきぢ神楽寿司では、旬の「さんま」を握りと刺身で提供しております。

 

これから更に脂の乗り始める「さんま」を是非つきぢ神楽寿司でご賞味ください!

【大相撲9月場所】開催間近です!

2017/9/6

大相撲9月場所が両国国技館で開催されます!

 

今回の9月場所は9月10日(日)に初日を迎え、9月24日(日)に千秋楽(最終日)を迎えます。

夏場所から一回り成長した力士たちの姿が見られると思うと、とても楽しみですね!

 

つきぢ神楽寿司では、そうした力士たちの応援や、相撲ファンの皆様に向け、

「横綱セット」を両国立ち食い店限定で提供しております!

 ▲横綱セット 2,000円(税込)

 

両国といえば、相撲の聖地であると同時に江戸前寿司の聖地でもあります。

 

大相撲観戦前のお食事や、観戦後のディナーに、本格江戸前寿司を味わってみてはいかがですか?

「ハモ」が美味しくなっています!

2017/8/7

 

 

「ハモ」が旬を迎えています!

 

「ハモ」はウナギの仲間で、とても生命力が強い魚です。
その生命力は、水揚げされてから京都まで運んでもまだ生きていたほどと言われています。

 

昔は冷蔵技術がほとんどなく、京都で生魚を食べるのは難しかったそうですが、

その中でも生で食べられた数少ない魚だったようです。

 

 

そんな「ハモ」をつきぢ神楽寿司では、「ハモの湯切り」として提供しています。

 

 

一度湯をくぐらせた「ハモ」の身は柔らかく、ほのかな甘みと淡白な味わい、
ハモの旨味が組み合わさりとても上品な風味を生み出しています。

 

 

古くから京都で愛された「ハモ」の味を是非お楽しみください!