1. ホーム
  2. 店舗のご案内
  3. すしまる
  4. 新着情報

2017年10月30日の閉店時間変更のお知らせ

2017/10/30

本日、2017年10月30日
社員研修のため閉店時間を下記の通り変更いたします。



 

本店 11:00~14:00
屋台店 7:00~14:00
新館 10:00~16:00


 

なお、両国江戸NOREN本店、両国江戸NOREN立ち食い店は
両国江戸 NORENの設備点検のためお休みいたします。


 

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

つきぢ神楽寿司

カワハギの旬が到来!絶品のこってり肝!

2017/10/13

秋から冬にかけて旬の「カワハギ」が美味しくなっております。

   

 

本来、産卵期は夏でその時期が旬とされていますが、

9月〜12月の今の時期に脂が乗り、肝が大きくなってくるので第二の旬と言われます。  

 

カワハギといえば、肝のその濃厚な味から「海のフォアグラ」と呼ばれます。

乳白色でとろりとした旨味の濃い肝は、口に入れた瞬間に舌の上でとろけます。  

 

カワハギは握りにすると、

白身魚特有のさっぱりと淡白な身とこってりと濃厚な肝が口の中で混ざり合い、絶品です。  

 

もちろん、刺身でもご用意しております。

弾力があり歯ごたえの良い身を薄造りにしております。肝醤油でお召し上がりください。  

 

今の時期にしかない旬の味覚、ぜひご賞味ください。

秋の王様、「さんま」

2017/9/27

 

秋の味覚「さんま」が美味しくなっています。

 

「秋刀魚」と当てる「さんま」はまさしく秋の風物詩、

9月から10月ごろが脂が乗って最も美味しく食べれる時期とされています。

 

「さんま」の身は青魚の中ではまぐろなどの赤身に近い味わいで、

同じ青魚で比べるとアジよりも脂が乗っており、

かつイワシよりもさっぱりとした非常に食べやすい魚です。

 

つきぢ神楽寿司では、旬の「さんま」を握りと刺身で提供しております。

 

これから更に脂の乗り始める「さんま」を是非つきぢ神楽寿司でご賞味ください!

【本店限定、岩牡蠣サービス!】

2017/8/16

夏の牡蠣、旬の「岩牡蠣」が美味しくなっております。

 

築地の本店、すしまる限定で2017年8月21日(月)〜23日(水)の3日間、
先着10名様限定で、「岩牡蠣」をサービス致します!

 

注文時に以下の画像をご提示ください!

 

条件
日時:2017年8月21日(月)〜23日(水)

実施店舗:つきぢ神楽寿司本店、すしまる

サービス内容:セットをご注文のお客様に岩牡蠣をお一人様1個サービス(先着10名様)
※屋台店、新館、両国本店、両国立ち食い店では実施致しません。

 

赤字覚悟の大サービス!
ぜひ、この機会にお召し上がりください!

お盆期間の営業時間のお知らせ

2017/7/27

すしまる

8月13日(日)、8月14日(月)、8月15日(火)は

築地市場が休業のため、お休みとさせていただきます。

 

 

その他店舗は、通常通り営業致します。

各店舗の営業時間につきましては、こちらからご確認下さい。

 

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

つきぢ神楽寿司

「アジ」が旬を迎えています!

2017/7/24

 

青魚の代表格として有名な「アジ」
「味が良いからこの名前がつけられた」と言われるように、年間を通して美味しく食べれる上、様々な調理ができる万能魚です。

 
そんな「アジ」が最も多く取れて、脂が一番乗るのが3月から8月の春から夏にかけての時期となります。

 

 

つきぢ神楽寿司では、旬の「アジ」を握りでご提供しております。

 

 

「アジ」の身は透明感のある白身で大振りのものが多く、青魚独特の風味と強い甘み、旨味が大きな特徴です。

 

 

タンパク質、脂質が豊富で成人病の予防や脳の発達、コレステロールの減少を促す成分も多く含まれています。

 
骨も柔らかいため食べやすく、様々な世代の方に美味しく食べて頂ける魚です。

 

 

ぜひ、旬の「アジ」をご賞味ください。

こんな海鮮見たことがない!?新感覚の「亀の手」

2017/6/19

こんにちは。つきぢ神楽寿司では、一般的な食材に加え、なかなか目にすることが出来ない珍味も多数揃えております。今回はその中でも見た目のインパクトが大きい「亀の手」をご紹介いたします。

亀の手

 

 

インパクト抜群!「亀の手」の正体は?

写真を見るとおわかりいただけると思いますが、その姿はまさしく「亀の手」いかにも亀の手をそのまま持ってきたかのような形をしていますが、実際は「亀」の手そのものではありません。

亀

「亀の手」はあくまでも形状が似ているという理由でつけられた名称で、その正体は岩肌などにくっついている固着動物の仲間で、分類としてはカニやエビと同じ甲殻類となります。

 

また、別の地域では「タカノツメ」なんて呼ばれることもあるようです。やっぱり何かしらの手に見えるようですね。

 

新感覚の美味しさ!「亀の手」の味わい

こんな見た目をしていると、気になるのがその味です。

 

そもそもこの亀の手をどうやって食べるかという話ですが、爪のように見える部分から、腕のように見える部分の中まで、亀の手の筋肉が入っています。

 

ですので食べる時は、腕のような部分の皮をむき、中をほじり出して食べるのです。食べ方までもカニによく似ていますよね。

 

実際食べて見ると見た目とは裏腹にほんのりとした磯の香りがしてとても美味しいです。食感は貝のようで、硬くもなく柔らかくもない程よい食感です。ちょうどカニとエビの中間のような味わいがします。

 

 

ここでしか楽しめない!つきぢ神楽寿司の「珍味」

つきぢ神楽寿司でも珍味の一つとして亀の手を塩茹ででご提供しております。

 

塩茹でにするとより亀の手は旨味が引き出され、元から持っている磯の香りに加えてほどよい塩気が食欲をそそります。

 

特にお酒、中でも「獺祭」「長者盛」などの日本酒との相性は抜群で、つまみとしては至高の一品です。

 

 

 

つきぢ神楽寿司では、こうした多店舗ではなかなか見かけることのない「亀の手」のような珍味も多く取り扱いしています。普段食べる機会がなかなか見かけない海鮮との出会い、体験をつきぢ神楽寿司でどうぞ!

夏が旬の牡蠣「岩牡蠣」

2017/5/29

夏が旬の牡蠣、「岩牡蠣」を入荷しました!

 

 

真牡蠣は10月~4月に旬を迎えるのに対し、

岩牡蠣は6月~9月に旬を迎える“夏の牡蠣“です。

 

岩牡蠣の特徴は、そのボリューム感。

ごつごつと大きな殻にふっくらと中身の詰まった身は、海の旨味をたっぷり溜め込んでいます。

一口に収まらない大きさだと思いますが、

牡蠣の旨味が外に流れ出てしまいますので、ぜひ一口でお召し上がり下さい。

余すことなく楽しみたい方は挑戦してみて下さい!

 

噛んだ瞬間、岩牡蠣の濃厚な旨味と磯の香りが溢れ出てきます。

ぷりぷりな食感の牡蠣は、歯ごたえも楽しく、

噛みしめるごとに牡蠣のクリーミーな味わいがじゅわっと広がっていきます。

のどごしも爽やかで嫌味なく、夏にもってこいの牡蠣となります。

 

ぜひ、旬の「岩がき」

お召し上がり下さい!

2017年6月6日(火)、6月7日(水) 休業のお知らせ

2017/5/28

いつもつきぢ神楽寿司をご利用いただき、ありがとうございます。

 

2017年6月6日(火)、6月7日(水)の2日間

社員研修のため全店舗休業致します。

 

 

ご迷惑おかけ致しますが、何卒ご理解とご協力をお願い致します。

 

 

株式会社つきぢ神楽寿司

ほのかな甘味と上品な脂「金目鯛」

2017/5/8


ひときわ目を引く大きな目が特徴の鮮やかな赤い魚「金目鯛」
古くから煮付け用の魚として親しまれてきましたが、近年ではその美味しさが広まり、全国で高級魚として有名になりました。

金目鯛は、年間を通して大きく味は変わらず、いつでも美味しく食べることができる魚です。
また、調理法を選ばずどんな食べ方をしても美味しく食べられる魚でもあります。
白身魚ではありますが、ほのかな桜色のした身質です。
味に癖はなく、上品な脂に甘さがあり、とても美味しい魚です。
小骨もないため、子供から年配の方々まで、幅広い世代の方々が安心して食べることができます。

つきぢ神楽寿司では、金目鯛を握りの他、炙りでも提供しています。
金目鯛の炙りは、旨味が凝縮されており、皮がパリっとした食感になり香ばしい風味が加わります。
つきぢ神楽寿司の赤酢のしゃりとの相性も抜群です。

つきぢ神楽寿司では、醤油では消えてしまう炙りの香ばしい風味を味を活かすため、炙り寿司は岩塩で味付けをしています。

つきぢ神楽寿司の金目鯛、ぜひこの機会にご賞味ください!
※入荷状況によりご提供できない場合もございます。