ご予約
  1. ホーム
  2. 店舗のご案内
  3. つきぢ神楽寿司両国江戸NOREN本店
  4. 新着情報

「さんま」入荷しました。

2018/9/11

 

つきぢ神楽寿司にも秋到来!

脂がたっぷり乗った「さんま」が入荷しました。

 

「さんま」といえば「秋刀魚」と書く名前の通り、秋の風物詩ですが

実は年中食べられる魚でもあります。

 

食卓の顔であるさんまが、何故秋の魚として有名なのでしょうか?

 

さんまが水揚げされる三陸沖は、親潮と黒潮がぶつかる世界三大の漁場です。

親潮と黒潮が運ぶ豊富なエサをたっぷり食べて水揚げされる9月〜10月のさんまは、

太って脂が最も乗っているからです。

 

さんまは、「いわし」や「さば」と同じ青魚ですが、

青魚とは言ってもまぐろの赤身に近い味わいで、苦手な人でも食べやすい魚です。

 

つきぢ神楽寿司では、旬の「さんま」を握りで提供しております。

 

秋さんまは脂がたっぷりのってぷりっぷり!

この機会に是非つきぢ神楽寿司の「さんま」をご賞味ください!

【9月場所開催!大相撲観戦のお食事に、江戸前寿司はいかがですか?】

2018/8/28

2018年9月9日(日)より、大相撲の9月場所が始まります。

 

大相撲の前売り券は毎回すぐに完売してしまいますが、
今回も既に完売、大相撲の人気が伺えますね。

 

そんな「前売り券が買えなかったので観戦ができない…」と思ってる方々に朗報です。

 

つきぢ神楽寿司両国立ち食い店で、大相撲期間中店内大モニターにて大相撲観戦ができます!

 

つきぢ神楽寿司両国店は、両国国技館から徒歩3分。
お昼や取り組みの間にもお越しいただけます。

 

両国立ち食い店は、本格江戸前寿司の握りセットを900円(1.5人前で1,200円)、海鮮丼を900円で提供しています。

どちらも赤しゃりを使ったお寿司を気軽に楽しめるメニューとなっております。

 

また、つきぢ神楽寿司両国本店では、セットメニューが割引になります。

大相撲期間中、特上セットが4,320円(税込)から、3,320円(税込)の1,000円引きになります。

 

両国といえば「相撲」と「江戸前寿司」発祥の土地、
江戸前寿司伝統の味を感じながらの大相撲観戦はいかがでしょうか?

柔らかな舌触り!旬の「穴子」

2018/7/10

 

夏が旬の穴子が入荷しました!

 

一般的に魚の「旬」と言えば最も脂の乗っている時期を言うようです。

ですが、穴子は逆にさっぱりとした味わいが好まれるため、

さっぱりとした味わいになるこの夏場が一番美味しい「旬」と呼ばれます。

 

口にいれた瞬間に解けるような柔らかい舌触りも特徴の一つです。

 

江戸前寿司の代表的な品目である穴子は、

板前によるこだわりの仕込みが行われた一品でもあります。

 

「一本穴子」は両国店だけの限定メニューです!

 

ぜひ、この機会に旬の「穴子」をご賞味ください。

2018年6月5日(火)、6月6日(水) 休業のお知らせ

2018/5/29

いつもつきぢ神楽寿司をご利用いただき、ありがとうございます。

 

2018年6月5日(火)、6月6日(水)の2日間

社員研修のため全店舗休業致します。

 

ご迷惑おかけ致しますが、何卒ご理解とご協力をお願い致します。

 

株式会社つきぢ神楽寿司

【大相撲期間限定】特別割引を実施します!

2018/5/12

 

5/13(日)〜5/27(日)の大相撲期間限定で、両国本店の特上セット通常4,320円(税込)のところ、

1000円引きの3,320円(税込)で提供させていただきます!

 

つきぢ神楽寿司両国立ち食い店では、

期間中に店内の大型モニターで大相撲の中継が見られます。

 

「お昼ご飯中も大相撲の結果を見逃したくない」という方、

「当日券が取れなかった」という方、

 

是非、つきぢ神楽寿司で本格江戸前寿司と共に大相撲を観戦してみませんか?

 

※「特上セット」はつきぢ神楽寿司本店限定の商品です。立ち食い店では提供しておりませんのご注意ください。

4月が旬真っ只中!ホタルイカ

2018/4/17

  

 

3~5月が旬と言われる「ホタルイカ」、この4月はまさに食べごろです。

 

「ホタルイカ」には様々な調理法がありますが、

その中でもつきぢ神楽寿司ではホタルイカを沖漬けと酢味噌和えとして提供しています。

 

元々柔らかい噛みごたえに程よい甘みが感じられるホタルイカですが

沖漬けにすることでさらにうまみが凝縮して、

より濃厚な味わいをお楽しみいただけます。

 

また、さっぱりとした酢味噌で和えるとひと味違った美味しさを楽しめます。

 

栄養価もとても高く、旨味成分のアミノ酸も詰まっていて、

味も健康にも良い一口で二つ美味しい一品です。

旨味が特に詰まったはらわたごと一口でどうぞ!

 

お酒の肴としても相性抜群です。是非ご賞味ください!

2018年6月5日(火)、6月6日(水)休業のお知らせ

2018/4/2

いつもつきぢ神楽寿司をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

2018年6月5日(火)、6月6日(水)の2日間

社員研修のため全店舗休業致します。

 

なお、6月7日(木)より通常営業致します。

 

ご迷惑おかけ致しますが、何卒ご理解とご協力をお願い致します。

 

株式会社つきぢ神楽寿司

濃厚な旨味と蟹味噌、毛蟹

2018/3/30

 

冬が旬のイメージの強い蟹ですが、
「毛蟹」は実は大まかな旬が春~夏と言われます。
今の時期の毛蟹は、冷たい流水が運んだ豊富な餌で育っているので、
身がぎっしりと詰まり、特に美味しくなっております。

多く存在する蟹の種類の中で、「毛蟹」は小ぶりな種類です。
身が小さい分、濃厚な味がギュッと濃縮され、
蟹本来の旨味を堪能することができます。
何と言ってもたまらない美味しさが「蟹味噌」です。
ふわっととろける口どけと濃厚な旨味は
たまらない美味しさです。

 

つきぢ神楽寿司では「毛蟹」を生きた状態で仕入れ、ご提供しております。
店に着いた瞬間に逃げ出す毛蟹もいるくらい鮮度抜群。
それをお客様が食べやすいように丁寧に処理し、
茹でて身をほぐした状態で提供しております。

 

お好みで蟹酢につけてお召し上がりください!

春の味覚「たけのこ焼」いかがですか?

2018/3/12

春の味覚の代表格として有名な「たけのこ」

 

年中収穫できますが、春の味覚と言われるだけあって

味がしまって特に美味しくなるのが3〜4月の丁度今頃の時期と言われています。

 

「たけのこ焼き」はそんな旬のたけのこの

贅沢な香りと味を堪能していただける逸品となっています。

 

つきぢ神楽寿司では、旬のたけのこを丁寧に下処理し、

神楽特製のタレをかけてじっくり焼いてお出ししています。

 

旬のたけのこは、えぐみが少なく、

柔らかい果肉を噛むほどに芳醇な旨味が溢れ出ます。

 

カリッとした食感とほんのりとした甘さは

一品料理としても、おつまみとしても最適の逸品です。

 

是非、春の味覚をご賞味ください!

期間限定の珍味「のれそれ」が入荷いたしました!

2018/2/1

「のれそれ」は体が透明な変わった見た目をした穴子の稚魚です。

その不思議な見た目が神秘的ということで、"南海の妖精"とも呼ばれることもあります。

 

 

旬の時期はおよそ冬から春にかけての時期です。

 

基本的には生でそのままいただきます。

食べるとプリッとした舌触りがして、お魚らしい潮の味と同時にほんのりと甘さも感じる、クセのない味わいです。

 

つきぢ神楽寿司では、「のれそれ」をポン酢でいただくおつまみと軍艦のお寿司の2種類の形で提供しております。

 

この時期しか食べられない鮮度が命のお魚、是非味わってみては如何でしょうか?