ご予約
  1. ホーム
  2. 店舗のご案内
  3. つきぢ神楽寿司本店
  4. 新着情報

【2015年は西南西】恵方巻き、やります!

2015/1/28

節分と並んで風物詩となった「恵方巻き」、つきぢ神楽寿司でもご提供致します! ※画像はイメージです。具材に変更はございませんが、持ち運びのし易い形にてご提供となります。 「節分の夜にその年の恵方を向いて、願い事をしながら無言で巻き寿司を食す」というのが現在の恵方巻きの習わしですが、その起源には諸説あり、「大阪の商人が商売繁盛を祈願して始めた」、「太巻きを食す際に切り分ける手間を省くために丸かぶりをした」などいくつかございますが、関西発祥の文化であるようです。 なお、元々は「丸かぶり寿司」という名称で親しまれており、「恵方巻き」という名称は1998年にセブンイレブンが全国発売する際に商品名として起用したことで、2000年代半ばにかけて全国に広まったと言われております。 恵方巻きには七福神に因んで7つの具材を使うとされておりますが、つきぢ神楽寿司では海老、玉子、穴子、おぼろ、きゅうり、かんぴょう、鮪の中落ちを使用し、シャリは自家製の赤酢を用いております。 2015年の恵方は西南西。近年はここ築地の寿司店でも一大イベントとなった「恵方巻き」。 一年のご多幸を願って、召し上がってはいかがでしょうか? (本店・新館でお取扱。価格:1,000円) ※1.事前に下記の連絡先までご予約下さいませ。 ※2.テイクアウトでのご提供となります。店内でのご提供は致しませんので、予めご了承ください。 ※3.お渡しは2/3(火)、ご予約頂いた店頭にてお渡しとさせて頂きます。

【まもなく旬!】貴重な国産の地ハマグリ

2015/1/28

輸入物が多い昨今、大変貴重な国産品の「地ハマグリ」入荷しました!   「浜にあって栗に似ていること」からその名がついたと言われるハマグリですが、古くから「煮ハマグリ」として寿司と密接な関係にあったのはもちろん、碁石の材料とされたり、人形の顔を白く塗る「胡粉(ごふん)」の材料としても親しまれてきました。 産地は茨城県鹿島灘、千葉県九十九里などですが、最近では入荷量も少なく、築地でも大変貴重な品とされ、身の大きなものは高価で取引されております。 ご提供方法は「炙り・焼き・煮(握り)」をお選び頂くことができ、それぞれ違った味わいをお楽しみ頂けます。 ※煮(握り)は本店のみ、860円 旬の時期と言われる2~3月を前に、すでに絶品の味わいである「地ハマグリ」。 ぜひご賞味ください! (本店・新館にてお取扱。価格:本店1,300円・新館970円) ※1.本店と新館では身の大きさが異なるため、価格が異なります ※2.煮(握り)のご提供は本店のみ、価格は860円になります。

【雑誌掲載】本店がファッション誌「JJ」に掲載されました!

2015/1/23

1月23日発売のファッション誌「JJ」3月号に、つきぢ神楽寿司本店が掲載されました! (出典:光文社「JJ」2015年3月号P.179より)  JJ専属ブロモ岡田ユリエさんによる「WEEKENDの一皿」というコーナーにて、 「大人の魚の楽しみ方・夜築地デビュー」として、土日営業・深夜まで開いていておいしい店舗として、ご紹介頂いております。 (P.178からのコーナー。当店の情報はP.179に掲載) 当店の特徴である豊富なネタ、炙りの寿司、自家製の赤酢を取り上げて頂きました。 初めてのご来店の方は、写真の「神楽」セットがおすすめです。当店の魅力を存分にお楽しみ頂けるかと存じます。 当店の他にも素敵な寿司店が掲載されており、ご丁寧にも2軒目におすすめの女性向けなお店まで掲載されている「JJ」3月号。 ぜひご一読下さい!

【旬の時期!】天然もの寒平目(寒ヒラメ)入荷してます!

2014/12/26

冬が旬の高級魚である「寒平目」、ございます! この時期に出回る平目は特に「寒平目」と呼ばれ、その身は脂がのってキメ細かく、絶品そのもの。 刺身・寿司はもちろん、フランス料理のムニエルなどでも用いられます。 「ヒラメとカレイは似ている」と言われますが、「左ヒラメに右カレイ」などと言われるように、目の位置で見分けられます。 また、旬の時期も反対で、ヒラメは冬、カレイは夏となっております。 近年では質の高い養殖物も多く流通するようになりましたが、ここ築地で取り扱うのはもちろん貴重な天然もの。 ちなみに、養殖物は腹側に黒い斑点があり、「パンダヒラメ」と呼ばれます。 上品な白身を、赤酢の寿司でお楽しみ下さい! (本店・新館にてお取り扱い。650円。)

【旬のブランド魚!】網走産の「釣りキンキ」

2014/12/19

北海道を代表する高級魚の中でも、限られたものにだけ名付けられるブランド魚である「釣りキンキ」、入荷しました! 「釣りキンキ」とは網走漁協が認めた4隻の船から水揚げされた、網走沖産のきんきにのみ名付けられるブランドで、延縄漁で獲られるため傷が少なく、氷詰めを船上で行うため鮮度が良く、一際鮮やかな紅い色がそれを証明しております。 当店では、キンキは握り又はお造りでのご提供となりますが、その際、熟練の職人による炙りの一仕事を加えます。 更に柑橘類を用いた自家製のタレと、こだわりの岩塩により完成され、絶品と呼ぶに相応しい品となります。 そうして一手間かけられたキンキの炙りは、テニスの錦織選手の好物であるノドグロのそれに勝るとも劣らないほどの美味しさで、真鯛や鰆よりも脂がのって濃厚ながら、しつこさはなく食べやすい、唯一無二の味わいとなっております。 最高級・旬の時期のブランド魚はここ築地でも大変貴重な品。 赤酢の寿司でご賞味頂ける店は、築地はもちろん、全国でも数少ないことでしょう。 是非ご賞味頂きたい、当店自慢の逸品です。 (本店・新館にてお取り扱い。握り:860円) ※入荷状況は事前にお問い合わせ頂けましたら幸いです。

【冬が旬!】カキ(真牡蠣)入荷時期になりました!

2014/12/9

「海のミルク」と呼ばれる旬のカキ(真牡蠣)、入荷しました!

岩牡蠣の旬は夏ですが、真牡蠣は逆に夏には身が細り、旬の時期は冬となっております。 11月から味が良くなり始め、産卵直前の時期である3~4月までの期間、身が栄養を蓄え、食べるのに最適となります。
ちなみに「牡蠣」という名前は岩からその身を「かきおとす」ことが由来と言われており、古くから食用だけでなく薬品・化粧品としても用いられてきました。
ここ築地に集う全国名産地の新鮮な牡蠣を職人が丁寧に処理し、ご提供致します。
赤酢の寿司と相性抜群、旬の真牡蠣を是非ご賞味下さい! (入荷状況・産地・価格は店舗までお問い合わせ下さい)

【一足早い旬!】真鱈の白子(まだらのしらこ)

2014/10/27

「鱈」の文字の通り、雪降る季節(冬から初春)が旬の時期である真鱈の白子、少し早いですが入荷しました! 真鱈(まだら)はサケと並ぶ北国の魚で、1m以上の大きさになることもあります。 非常に大食漢で、お腹が膨らんでいることから、「たらふく食べる」の語源とも言われております。 オスの真鱈からとれる白子は「菊子」とも呼ばれ、非常にコクがあり美味で、市場に出回る際はメスよりもオスの方が高い値がつくことから、高級品として珍重されていることがわかります。 旬の時期は12月~2月。築地においても少々早い時期での入荷となりましたが、新鮮な白子はもちろん旬前の時期でも絶品。 おつまみとして、お寿司のお供としてご賞味下さい! (本店1,620円・新館1,080円) ※産地によって価格が異なります。

【幻の魚】2~3万本に1匹!旬の「鮭児(けいじ)」

2014/10/17

通常の鮭2~3万本に1~2匹の割合でしか獲れないため「幻の魚」として重宝されている「鮭児(けいじ)」、入荷しました! 旬の時期は、9月頃から11月中旬頃で、市場に出回り始める時期には1キロあたり数万円の値がつくこともある、知床~網走付近で漁獲される超高級魚です。 その身は大変に脂が乗っており、通常のサケの脂肪率が2 - 15%に対し、鮭児は20 - 30%と倍ほどで、当店自慢の赤酢の寿司との相性も抜群です。 サーモンの独特な脂臭さが苦手な方でも、鮭児の上品な脂なら大丈夫ということも珍しくなく、大変美味なネタです。 普段はなかなかお目にかかれない超高級魚「鮭児(けいじ)」が食べられるのも、ここ築地ならでは。 通にこそ人気、おすすめのこのネタ、是非ご賞味下さい! (本店・新館でお取り扱い。1貫1,620円) ※入荷状況は店舗までお問い合わせ下さい。

【一本釣りの高級魚】旬の「関サバ(セキサバ)」

2014/10/1

普通のサバも美味ですが、別格の味で知られる「関サバ(鯖)」、入荷しました! ブランド魚の第1号」として知られる、人気のネタです。 実はどちらも「マサバ」という、同じ種類の魚ですが、関サバはかけられている手間が違います。 大分県佐賀関(佐賀関)の漁協で水揚げされる関サバは、非常に海流の激しい豊後水道に生息しているため、通常のサバと比べて身が遥かに締まっており、旨みが違います。 また、熟練の漁師による一本釣りで水揚げするため漁獲量が少なく、大変貴重なネタとなっております。 食感は通常のサバよりも歯ごたえが良く、くさみの少ない、非常に上品な味わいが特徴です。 一匹ずつ手間をかけて築地まで届けられた関サバを、寿司職人の手でさらなる絶品へと仕上げます。 旬のこの時期、是非ご賞味下さい! (本店・新館でお取り扱い。1貫650円)